やわらかUNDERWEAR
「医師(整形外科)の声」

「腰痛とパンツの関係」


~ 整形外科医インタビュー ~



やわらかUNDERWEARはオフィスワーク等で腰を痛めやすい方のストレスを軽減する為に作られました。 今回、腰痛の専門家である整形外科医の佐々木政幸先生に腰痛の原因やこのパンツをはいていただいた感想をお聞きしました。

整形外科に来られる患者さんで腰痛に悩む方は多いですか?

多いです。
厚生労働省の発表でもあらゆる症状の中で一番訴えが多いのが腰痛です。
当院でも腰痛の患者さんが一番多いですね。

腰痛の原因は何が多いですか?

腰痛の原因は85%は特定されていません。
多くの方は慢性腰痛に悩まされています。
腰痛というのは何ヶ月も続けばそれは慢性腰痛と言われ、傷が治っても腰痛が続くという感覚なんです。
脳が「痛い」という記憶を作り続けてしまうと言われています。

社会的な影響、仕事の影響、幼少期の影響など様々な要因を脳がインプットしてしまい痛いと感じます。
仕事のストレスも関係があります。気にしないとか、他に目をそむけるとか、気にしないというのも一つの考えです。

痛み止めや注射でも効かない人もいて、そういう方には抗鬱剤や安定剤等を出すというエビデンスも出ています。

慢性腰痛に対してはどういった治療方法があるのでしょうか?

腰痛の原因は85%は特定されていません。
慢性の痛みについては最初の選択肢はもちろん痛み止めであるが次の選択肢に抗鬱剤や安定剤が出てきます。

何でこういった薬を出すのかというと、脳が痛みをインプットしてしまった場合、腰が痛くなくても腰が痛いと感じてしまう場合があります。
その原因はストレス等が関係してくるんですね。
そういった場合はこういった薬で治療していく場合もあります。

腰痛に対して冷やすのは良くないのでしょうか?

冷えにより筋肉の収縮ですとか硬さが出てきてしまいます。
腰痛に対して冷やすとういところもあるそうですが、整形外科の考えとしては初期の炎症に対して冷やすという処置はあると思いますが、慢性化してからは温かくすることを勧めています。

湿布も冷やしているのではなく、痛み止めの成分が炎症を抑えています。
メンソールが入っているのでヒヤッと感じますが、実際には冷やしている訳ではありません。

基本はホッカイロでもお風呂でもいいので患部を温めるというのが基本的な整形外科の考え方です。
腰痛が慢性化してくると筋肉や血行がかたまってきてしまうので温めて柔軟性を出してあげるというこ とがすごく大切なんです。

冷え性にはこのパンツはどうでしょうか?

骨盤を温めることによって静脈の血行が良くなって下半身全体の冷えには良いと思います。
このパンツは骨盤をすっぽり包みこんで温めてあげることで静脈の血流に良い働きが良い場合がありますね。

おしりまで骨盤はあるので、おしりもずり落ちないでまるごと包みこんで温めて上げるのは良いと思います。
そういうイメージがありますね。

冷えを軽減する為にこのパンツをはくのも良いかもしれません

デスクワークの人も腰痛によくなりますよね?

筋肉というのは動かないとかたまってしまうので、局所的に血行がかたまってきてしまって痛みにかわってきてしまいます。
実は立っているよりも座っているほうが腰への負担は大きいんですね。
特にしずみこんで座っていると腰への負担が大きいです。
特に技術職やプログラマーなどの専門職の人に慢性腰痛の人が多いというデータが出ています。
ずっと動かない環境ということも腰に悪いですね。
そういった方の場合はやはりこまめに動いたり、ストレッチはした方がいいですね。
夜間がいいと思いますね。
余談ですが寝てる間は動かないので朝腰が痛いという人も多いですね。
そういった意味では夜寝る際に冷えを軽減する為にこのパンツをはくというのも良いかもしれません。

やわらかUNDERWEARは腰痛の原因となる冷えをサポートするために作られています。腰・お腹の高さまでベルトをのばしてお腹や腰を温めるパンツというのは腰痛にも良いでしょうか?

それは良いと思いますよ。冷えるということが腰痛の原因となって来ますのでそういった意味ではとても 良いと思いますよ。
フィット感覚や温めることでもちろん保温効果があると思うのでそれによって緊張がほぐれるとか、筋肉がゆるむとかリラックスするとかそういったことは結果として良いと思います。

お腹も温めたほうがいいですか?

そうですね。もちろんお腹も温めたほうがいいと思います。
やはりそれは筋肉的なことでいえば腹筋と背筋、前と後ろでバランスをとっています。
寒いなということで後ろに負担がかかってしまうと腰痛の原因となります。
お腹と背中両方を温めてあげた方が良いですね。

腰痛がひどくなるとどういった症状が出てきますか?

日常生活に支障が出てきて、中には仕事を休業してしまう人もいます。
ひどくなればなるほど社会的な影響が出てきます。

お年寄りであれば腰痛で身体が動かなくなれば筋肉が収縮してきて寝たきりになってしまう場合もあります。

やわらかUNDERWEARをはいてみた感想を教えてください

元々トランクス派なんですが、今回やわらかUNDERWEARをはいてみるとやはり温かくて触り心地が良いなと感じました。
これまでボクサーパンツは窮屈じゃないかと敬遠していましたが、このパンツははいてみると温かくて良いなと感じました。

比較的ゆったり、まろやかな感じではけて良いなと思いました。
特に触り心地が非常に良いですね。

温かくて触り心地が非常に良いですね

このパンツはムレにくいバンブーレーヨンという素材が使われていますが

皮膚の炎症を起こす可能性が減ってくると思います。
ムレて汗が出てくると綺麗なものではないのでそこで炎症を起こすリスクを抑えてくれると思いますね。

精神的なストレスによる腰痛も多い?

オフィスワークの方等はストレスが原因の腰痛も多いと思います。
慢性腰痛という視点で見てみると、都市部の方が慢性腰痛の比率が多い。
都市部ではストレスが腰痛の原因となっている場合が多いと思います。

夜寝る時に腰痛が出てしまうこともあるんでしょうか?

夜は基本的にずっと動かないで寝ている状態ですのでその間に筋肉がかたまってしまうことが多いんですね。
寝る時にこのパンツで温めて筋肉をほぐしてあげるというのは良いのかもしれないですね。

かゆみとパンツの関係は?

パンツでもスレがあったりするとかゆみの原因になります。
スレがあったりするとかゆみの原因になるので縫製がなく、このように肌触りがいいパンツは良いと思いますね。

佐々木 政幸 先生

佐々木 政幸 先生


久我山整形外科ペインクリニック院長

【経歴】
平成8年
慶應義塾大学医学部 整形外科学教室入局、以後関連病院済生会宇都宮病院 至誠会第二病院 厚生連魚沼病院 国立療養所村山病院(現 村山医療センター) 厚生連伊勢原協同病院 東京都保健医療公社 大久保病院にて勤務

平成22年
久我山整形外科ペインクリニック 開院

【資格】
日本整形外科学会認定 整形外科専門医・脊椎脊髄病医 
(前 スポーツ医・リウマチ医・運動器リハビリテーション医)
(前 日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医)

Copyright (C) 2016 Next Pocket Corporation. All Rights Reserved.